インビザライン矯正が終わったら

リテーナーとは?治療後の歯の後戻りを防ぐ保定や期間について

リテーナーとは?治療後の歯の後戻りを防ぐ保定や期間について

矯正治療で歯を理想の位置に動かしても、それで治療が終わるわけではありません。矯正装置を外してしまうと、歯は自分の力で元の位置に戻ろうとします。その後戻りを防ぐため、歯を理想の位置で安定させる必要があります。そのために必要なのが保定です。

こちらでは、インビザラインによるマウスピース矯正治療を得意とする東京銀座の「銀座クリアデンタル」が、歯の後戻りや保定期間についてお伝えします。

「歯の後戻り」が起こる理由

矯正治療では歯に負荷をかけて理想の位置に歯を動かします。そのためマウスピースなどの矯正装置の装着をやめると負荷から解放されるので、歯が元の位置に向けて動いてしまうことがあります。また舌で歯を押すクセや唇を噛むクセがあると、不適切な力がかかるので、せっかく整えた歯列がふたたび乱れてしまうことがあります。

  • 「歯の後戻り」が起こる理由
  • 「歯の後戻り」が起こる理由

これは、歯列が整っているように見えても、歯を支える顎の骨がまだ十分に固まっていないために起こります。歯が移動するときは進行方向の歯を支える顎の骨が溶け、動いたあとの骨が再生していきます。「歯の後戻り」を抑え、理想の歯列を維持するためには、十分な保定期間をかけ、顎の骨や歯ぐき内部の繊維などを安定させる必要があるのです。

では保定はどのように行うのでしょうか?

患者様の歯並びに合わせたリテーナー(保定装置)を作製し、装着していただきます。保定力に優れた固定タイプや取り外し可能なタイプなど保定装置にもさまざまな種類があります。

保定装置「リテーナー」

保定装置「リテーナー」

銀座クリアデンタルでは、保定装置に「ビベラリテーナー:vivera retainers」を採用しています。ビベラリテーナーはインビザラインを開発・製作している米国アライン・テクノロジー社が提供する保定装置です。

ほとんど透明で目立たないうえ、耐久性も高いビベラリテーナー。取り外し可能なマウスピース型なので、食事や歯磨きにストレスがかかりません。インビザラインと同じように、「クリンチェック」のデータから作製し、歯列データの記録・保管が可能です。

ビベラリテーナーはインビザラインのマウスピースよりも固く、使いづらい方もいらっしゃることから、当クリニックでは、ソフトリテーナーもご用意しています。インビザライン以外の矯正治療を受けた患者様にもリテーナーをご利用いただくことができますのでお気軽にご相談ください。

保定期間について

保定期間について

矯正治療が完了してから半年~1年間は、とても歯が動きやすい時期ですので、食事や歯磨きのとき以外はいつもリテーナーを装着することをおすすめします。歯の位置がだんだんと固定してきますので、定期的に経過観察のチェックを受けいただき、問題がないようでしたら、リテーナーを装着する時間を少しずつ減らしていきます。「食事の際に外すだけ」から、「3時間だけ外す」、次に「6時間だけ外す」、そして「昼間は外し就寝中だけ装着する」――というステップを踏んでいきます。

一般的に保定期間は、歯を動かした期間と同じくらいとお考えください。つまり1年かけて矯正治療で歯を動かした場合は、1年かけて保定します。もちろん個人差がありますので、実際は医師の診断に従ってください。

歯並びがきれいになったら

  • 歯並びがきれいになったら
  • 歯並びがきれいになったら

インビザライン治療が終わり、歯並びがきれいになったら次は歯そのものをきれいにしましょう。例えば目立つ銀歯や、歯の黄ばみを白くしたいというお悩みはありませんか?当クリニックではインビザラインによる矯正治療だけではなく、詰め物、被せ物をたった1日で自然で美しいセラミックに変えることのできるセレックや歯の黄ばみを白くするホワイトニングなどの審美歯科治療も行っています。歯をきれいにすることに関して、総合的に治療することができます。審美治療のみのご希望も、お気軽にご相談ください。

1日で自然なセラミックの歯を手に入れるセレックについてはこちら

歯の黄ばみを解消するホワイトニングについてはこちら