アナログvs デジタル リテーナー比較

アナログvs デジタル リテーナー比較

先日このコラムにも記載しましたが、銀座クリアデンタルでは、小型の業務用3Dプリンターを導入しました。

3Dプリンターで使う樹脂素材や設定を何度も試して治療に使える目途がたちましたので、インビザライン矯正の完了後に使用するリテーナーを製作する為に、患者様のご協力を頂いて、アナログとデジタルの比較を行いました。

アナログ:従来の粘土の様な印象材に石膏を流して作成した石膏模型
デジタル:光学スキャンのデータを元に3Dプリンターで作成した樹脂模型(黒い模型)

この2種類の模型を土台にして、それぞれリテーナーを作成しました。

実際に患者様に装着していただいた感想と、私が患者様にセットした感触をあわせて評価すると、デジタル模型から作成したリテーナーの方が、装着感が良いという結果になりました。

アナログ模型から作成したリテーナーは全体的にフィット感が弱く緩い感じで、
デジタル模型から作成したリテーナーでは、しっかりとややキツくてしっかりした装着感でした。

IMG_0724

コラム一覧に戻る