インビザラインとは

最新のマウスピース矯正、インビザラインを紹介します

最新のマウスピース矯正、インビザラインを紹介します

「矯正歯科治療」と聞くと思い浮かべるのは、歯の表面に金属の小さな装置を取り付けて、そこにワイヤーを通して歯並びを整える「ワイヤー・ブラケット」ではないでしょうか。

「歯並びは整えたいけれど、矯正治療が目立つのはイヤ…」と治療をためらっている方でも、インビザラインなら安心して治療が始められます。インビザラインは、透明素材のマウスピースで目立たず、そして取り外しができる矯正治療です。インビザラインなら、Dr.松岡伸也、Dr.山崎剛志を始め治療経験と実績が豊富なドクターの待つ東京・銀座並木通り沿いの「銀座クリアデンタル(旧まつおか・やまざき矯正歯科)」にご相談ください。

インビザラインがおすすめなのは?

インビザラインがおすすめなのは?

インビザラインのマウスピースは透明なので装着していても目立たず、ほとんど他人に気づかれることはありません。矯正治療中でも、口元を気にせず歯を見せて笑うことができます。とくにインビザライン矯正をおすすめしたいのが、営業職や接客業など人前に出る機会の多い方です。

インビザラインがおすすめなのは?

インビザラインの効果・メリットは目立たないことだけではありません。マウスピース型で簡単に取り外せるので、矯正前と同じように食事を楽しむことができ、歯磨きも今までと同じように行うことができます。マウスピースは丸ごと洗浄できるので、いつでも清潔です。また金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方にも安心です。

≪インビザラインはこんな方におすすめ≫

  • なるべく他人に気づかれずに歯列を矯正したい方
  • 今までと同じように食事をおいしく楽しみたい方
  • 金属アレルギーに不安がある方
  • 取り外しができない治療に不安がある方
  • 一定の装着時間を守るセルフコントロールができる方

インビザラインについての詳しくはこちらの動画をご覧ください

インビザライン矯正の特徴

矯正治療中でも人に気づかれにくい

矯正装置の素材が透明なので、装着していてもほとんど見分けがつきません。「矯正装置が目立つのが気になる」「人前での食事は食べ物を選ばなければならない」などの理由で矯正治療をためらっていた方のための治療方法です。

矯正治療中でも人に気づかれにくい

食べたい物が食べられる

歯面に固定するタイプの矯正装置の場合は、ワイヤーに絡みつきやすい食べ物や硬い物を食べると装置が壊れたり外れたりすることがあるので注意が必要です。しかし、取り外しが簡単なインビザラインなら、食事中は外せるので、食材を選ばず何でも好きな物が食べられます。

食べたい物が食べられる

お口のトラブルのリスクを低減

凸凹したワイヤーやブラケットを歯に固定する矯正とは異なり、口の中の粘膜に当たって「痛む」「口内炎ができる」などのトラブルを抑えることができます。インビザラインなら、口の中を切る鋭いブラケットを心配することなく、スポーツも楽しむことができます。

お口のトラブルのリスクを低減

洗浄ができ衛生的

マウスピースは取り外せるので、ストレスなく今まで通りの歯磨きやフロスができます。そしてマウスピースも丸ごと洗浄できるのでとても衛生的。水に発泡性洗浄タブレットを入れ、約10分の洗浄で、マウスピースを毎日清潔に保つことができます。

洗浄ができ衛生的

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・問合せはこちら

歯の動きの確認が可能

インビザラインの治療法では、「クリンチェック」と呼ばれるコンピュータ画像での治療計画の3Dシミュレーションを行います。治療開始から完了まで、どのように歯が動いていくのか、インビザラインの治療効果を患者様ご自身にハッキリとご確認いただけます。

ワイヤー矯正では、治療計画は矯正医の頭の中にあり、治療終了時の歯並びを目に見える形でお見せすることもできなければ、治療期間も矯正医の経験に基づく予測でしかありません。つまりワイヤー矯正では、途中経過もゴールも見えない状態で、患者様は矯正治療をスタートされているのです。

歯の動きの確認が可能

インビザライン矯正では、「クリンチェック」で治療計画を様々な角度から詳しくご確認いただいたうえで、治療を始めるかどうか患者様にご判断頂くことができます。万が一、「クリンチェック」で理想とする歯並びにならないことがわかれば、矯正治療を開始しない選択をして頂くこともできます。

クリンチェックで治療期間がわかる

クリンチェック治療計画で、必要なマウスピースの枚数と治療期間が決まります。マウスピース矯正装置を正しく使用して頂くことで、治療計画通りに矯正を進めることができます。就職活動や結婚式などのご予定がある場合にも、矯正治療が終わっているか、歯並びがどの程度治っているか、治療開始前に確認することができます。

歯型採取は1回だけ

歯型採取は1回だけ

他のマウスピース矯正と違い、インビザラインの治療では歯型を採取するのは最初の1回だけです。レントゲン写真や、口腔内写真などのデータと最初に採取した歯型を基に、歯の移動をシミュレーションして理想の歯並びになるまでのすべての装置を作製します。

銀座クリアデンタルでは光学スキャナ『iTero Element』を導入しています。臭いや味のある歯科材料を使って歯型を採ることがないため、早くて快適な検査を受けて頂くことができます。

通院回数が少ない

ワイヤー矯正や他のマウスピース矯正では通常2~4週間に1回の通院が必要ですが、インビザライン矯正では通院回数に違いがあります。インビザライン矯正は、マウスピースを10日~2週間に1回、ご自宅で新しいものに交換して頂き、治療を進めてきます。アタッチメントの装着やIPR等が必要なため、矯正開始時のみ通院回数が多くなりますが、軌道に乗ればその後は通常2~3ヶ月に1回の通院になりますので、遠方からご来院される方、仕事がお忙しい方でも無理なく矯正治療を行うことができます。

痛みが少ない

矯正治療は、歯に力をかけて少しずつ動かしていくため、どうしても痛みを伴います。無痛矯正は現時点では存在しません。ただし、矯正方法により痛みの種類や度合は大きく異なります。
ワイヤー矯正では、通常月1回、手でワイヤーを締めるので、ドクター腕により大きな差があり一般的に痛みは大きいと言われています。インビザラインは、ワイヤーを人の手で調整する場合には不可能な0.2~0.3mmの細かい範囲で、歯を移動させて理想の歯並びに近づけていきます。10日~2週間で新しいマウスピースに交換するので、痛みも小さく小刻みに分かれます。過去にワイヤー矯正を経験されて、2度目にインビザラインで矯正をされた患者様は、インビザラインではほとんど痛みを感じないとおっしゃる程です。

口内炎の心配がない

ワイヤー矯正では凹凸のある矯正装置が、口腔の粘膜を傷つけてしまうため、頻繁に口内炎ができ、治りにくくなります。「歯の矯正治療は口内炎との戦い」とも言われるほど、歯が動く痛みよりも、実は口内炎の方が悩ましい問題かもしれません。でも、インビザライン矯正なら、口内炎の心配はありません。滑らかなマウスピースが歯全体を覆い、矯正装置が口腔の粘膜を傷つけることはありません。歯の凸凹が口腔の粘膜にあたらないので、口腔の粘膜が傷つくことがなく、口内炎の発生が抑えられるのです。

金属アレルギーの心配がない

インビザラインは金属不使用です。そのため金属アレルギーがある方、そして金属アレルギーが心配な方も安心して治療を受けていただけます。

400万人以上 世界一の治療実績

全世界173万人以上の治療実績

「インビザライン・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明で目立ちにくく、取り外し可能な矯正装置として、2016年10月現在、世界80ヶ国以上の国々で使用されています。そしてこれまでに400万人を超える患者様が治療を受けられ、世界一の治療実績を誇るマウスピース矯正です。

米国で実施された患者様のアンケート
  • インビザライン治療に「極めて満足」もしくは「非常に満足」と回答した患者の比率

    インビザライン治療に
    「極めて満足」
    もしくは
    「非常に満足」
    と回答した患者の比率

  • インビザラインを知人に「間違いなく薦める」もしくは「薦める可能性が高い」と回答した患者の比率

    インビザラインを知人に
    「間違いなく薦める」
    もしくは
    「薦める可能性が高い」
    と回答した患者の比率

インビザラインでの臨床報告(実際に治療を行った事例のレポート)について多数の論文があり、多くの審査のある学術専門誌(AJO、JCOなど)で発表されています。米国で実施されたアンケートでは、「インビザライン治療に『きわめて満足』もしくは『非常に満足』」と回答した患者様の比率は87%でした。また「インビザライン治療を知人にすすめますか?」の質問には、『間違いなくすすめる』もしくは『すすめる可能性が高い』と回答した患者様は89%でした。
患者様が治療の効果を実感されご満足度が高い歯列矯正――それがインビザラインです。

矯正しながらホワイトニング

インビザラインのマウスピースの内側に、ホワイトニングジェルを使用することで、歯の色を少しずつ明るくしていくホーム・ホワイトニングを同時に行うことができます。当医院独自の矯正補助装置オルソ・ブライトはLEDによる照射機能により、ホワイトニングペーストに含まれる、酸化チタンがLEDライトに反応して、歯のホワイトニング効果が期待できます。医院で行うオフィス・ホワイトニングよりも歯の負担が少なく、少しずつ白くなるので違和感もありません。

インビザライン治療に「極めて満足」もしくは「非常に満足」と回答した患者の比率

中学生・高校生の矯正にも

目立たないインビザラインの透明なマウスピースを用いて、永久歯が生えそろう中学生・高校生(12~16歳頃)の頃に行う本格的な歯列矯正ができるようになりました。思春期のお子様は学校でからかわれることを嫌がり、目立つ矯正装置はコンプレックスになってしまうことがありますが、インビザライン矯正はお友達にも気づかれにくく、取り組みやすい矯正治療です。

中学生・高校生の矯正にも

成人矯正にはないティーンのための特別な機能として「装着時間の確認機能-コンプライアンス・インジケータ」があります。最大のメリットであるマウスピースの矯正装置を自由に外すことができることができることが、自己管理能力が未熟なお子様の場合、矯正治療の失敗につながる場合があるため、インビザライン・ティーンのみに設けられた機能です。唾液に反応して徐々に色が薄くなる「コンプライアンス・インジケータ」により、ご両親やドクターもマウスピースの装着時間を視覚的に確認することができ、患者様が積極的にマウスピースを装着する効果も期待できます。

お問い合わせ・WEB診断はこちらです

矯正治療後の後戻りを防ぐリテーナー

矯正治療で綺麗な歯並びを手に入れても、リテーナー無しでは、歯は徐々に元の位置に向かって移動してしまいます。この後戻りは、リテーナーを使用することで確実に防ぐことができます。矯正治療が終わったら、矯正期間と同じ期間を保定期間として、リテーナーを使用して下さい。アライン社が提供する丈夫なビベラ・リテーナーもあります。

矯正治療後の後戻りを防ぐリテーナー

インビザラインの注意点

矯正治療中の食事

矯正治療中の食事

装置が固定されるワイヤー矯正と異なり、マウスピースを外せば、いままでと同じ様に食事をすることができます。ワイヤー矯正では、繊維質の野菜やお肉などの食べ物は食べにくく、どうしても食事の内容に制限が出てきますが、インビザライン矯正なら、食事の制限はありません。食事が終わったら、必ず歯磨きをしてからマウスピースをはめて下さい。

飲み物の場合、水であれば、マウスピースをしたまま飲んでも全く問題ありません。無色透明な飲み物でも、少量でも糖分や酸味のある飲み物は、虫歯の原因になりますので、インビザラインのマウスピースを外して飲み、飲んだ後はすぐに歯磨きをしましょう。

虫歯や歯周病

健康な歯と歯茎があってこその矯正治療ですので、虫歯や歯周病がある場合には、矯正治療を始める前に治療して下さい。矯正治療の途中で虫歯ができてしまった場合は、矯正治療を中断して治療をする必要があります。虫歯の詰め物を入れたり、詰め物の形が変わってしまったりすると、作成したマウスピースが使えなくなってしまう場合があります。万が一、マウスピースが使えなくなった場合、インビザライン・フルであれば再検査し治療計画を修正することができますが、インビザライン・ライトの場合は治療計画の修正に制限があり対応できない場合があります。

喋りにくさ・聞き取りにくさ

裏側のワイヤー矯正(舌側矯正)の様な喋りにくさはありませんが、マウスピースをはめたまま話をすると、相手が聞き取りにくいと感じる場合があります。装着時間が足りないと、矯正治療が遅れにつながりますので、普段は少し口を大きく開けてはっきり話すことを意識して頂ければ、通常支障はありません。重要な面接やプレゼンの際には、マウスピースを外して頂けると安心です。お仕事等の関係で、どうしてもマウスピースの装着時間が短くなってしまう方は、治療期間が少し長くなってしまう可能性がありますが、ピースの交換のタイミングを少し遅らせて2~3週間にして頂くようにしています。

抜歯矯正・非抜歯矯正

矯正専門医でないドクターや、インビザラインの経験が浅いドクターには、抜歯矯正のハードルが高いため「インビザラインでは抜歯矯正ができない」という間違った情報が流れていますが、インビザライン矯正の経験が豊富なドクター(※)は、抜歯が必要と判断した場合には、積極的に抜歯を取り入れています。インビザラインの技術も日々進化を続け、以前は苦手とされていた第一小臼歯を抜歯する矯正に対応した、新しい「インビザラインG6」による治療も行われています。
当院では、抜歯を悩んでいらっしゃる患者様には「抜歯あり」「抜歯なし」のクリンチェック治療計画の両方をご提案して選んでいただいております。

(※)当院のDr.松岡伸也、Dr.山崎剛志はそれぞれ2013~2015年の3年連続で「インビザライン・ダイヤモンド・プロバイダー」を受賞した日本国内でも有数のトップドクターです。

インビザライン矯正で失敗しないために

マウスピース矯正で失敗する一番の原因は、決められた装着時間を守らないことによるものです。矯正装置を外すことができることが最大のメリットであるマウスピース矯正は、装着時間を守る自己管理ができないと、矯正治療が進みません。特に、ご両親に言われて仕方が無く矯正治療をしているお子様にこの失敗が起こりやすく、ご本人が積極的に矯正治療に取り組む姿勢がない場合には、インビザライン矯正はお勧めできる治療方法ではありません。

最近、増えている失敗例としては、インビザライン矯正では治療が難しい症例を、矯正専門医でないドクターや経験の浅いドクターが、無理にインビザラインで治療したことによるものです。ワイヤー矯正も、インビザライン矯正も、それぞれ得意・不得意な症例があります。インビザライン・ドクターによる正確な診断と適切な治療計画の立案がとても重要で、従来のワイヤー矯正とは異なる特有の知識と技術が欠かせません。インビザライン矯正ならどの歯科医院で受けても同じだと思われがちですが、ドクターによって治療の効果は大きく異なりますので、インビザライン矯正で失敗しないために医院選びはとても大切です。

インビザライン治療なら、Dr.松岡、Dr.山崎を始めとした経験豊富な矯正専門医が待つ銀座クリアデンタルにぜひご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・問合せはこちら

1:抜歯あり

この患者様は14歳・中学生の女の子で、前歯の凸凹と、口元が前に突出した感じを改善したいと、ご来院されました。子供のインビザライン矯正の場合、マウスピース装置の使用時間を守っていただけないと、治療結果が良くないので心配していましたが、この患者様は、決められた時間しっかりとインビザラインを使っていただけたので、とても綺麗に歯並びが治りました。
口元が前に突出した感じが、改善されて、ご本人にも、ご両親にも大変に喜んでいただくことができました。インビザラインで抜歯矯正をする場合、歯の動きが大きく、当初の計画より治療期間が延長になる場合もあるのですが、この症例は治療延長(リファイメント)もなく、当初の治療計画通り矯正治療が終了しました。

治療期間:約11ヶ月

上下第一小臼歯4本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し

①治療前(2015.08.28)
上下第一小臼歯4本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し 治療前
②治療経過(2016.02.06)
上下第一小臼歯4本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し 治療経過
③治療後(2016.10.08)
上下第一小臼歯4本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し 治療後

2:抜歯なし

患者様のご希望もあり、非抜歯ですべての歯にアタッチメントを装着せずに治療しました。アタッチメントを着ける治療より、長期間になる可能性もあることをご説明しましたが、しっかりとインビザラインの装着時間を守っていただいたので、当初の治療計画通りに治療が完了し、きれいな歯並びになりました。

治療期間:9ヶ月(マウスピース25枚)

アタッチメントなし・IPRなし・抜歯なし

  • 治療期間:9ヶ月(マウスピース25枚)Before
  • 治療期間:9ヶ月(マウスピース25枚)After

3:抜歯あり

これまでのインビザラインでは、抜歯を必要とする矯正治療は難しかったのですが、現在は、マウスピースの素材やアタッチメントの形状が進化し、抜歯治療もできるようになりました。患者様は、横から見たときに口元が前に出ていることを気にしていらっしゃいましたので、上下2本ずつ合計4本の小臼歯を抜き、矯正治療を進めました。患者様にも口元がスッキリしたと大変満足していただきました。

治療期間:1年5ヶ月(マウスピース51枚)

アタッチメントあり・抜歯あり

  • 治療期間:1年5ヶ月(マウスピース51枚)Before
  • 治療期間:1年5ヶ月(マウスピース51枚)After

4:スピードオルソ使用(マウスピース1週間交換)

当クリニックで独自開発した振動型矯正治療補助装置「Speed Ortho(スピードオルソ)」を採用した治療例です。マウスピースの交換間隔は通常10~14日程度ですが、スピードオルソを併用することで、マウスピースの交換時期を早めることができました。治療期間の延長(リファイメント)もなく約8ヶ月で治療が終了しました。

治療期間:約8ヶ月

マウスピース29枚・抜歯なし・アタッチメントあり

  • 治療期間:約8ヶ月 Before
  • 治療期間:約8ヶ月 After

5:アタッチメントなし

職場で矯正治療を禁止されているという患者様からのご相談でした。アタッチメントなしであれば治療の許可が下りるとのことで、アタッチメントを着けずに治療を進めました。この方のように、すべての歯にアタッチメントを着けないケースは珍しいですが、前歯のみの装着やできるだけ数を減らすといった治療方法もありますので、初診相談や検査の際にご相談ください。

治療期間:7ヶ月(マウスピース22枚)

アタッチメントなし・抜歯なし

  • 治療期間:7ヶ月(マウスピース22枚) Before
  • 治療期間:7ヶ月(マウスピース22枚) After

6:男性抜歯あり

当クリニックは、成人男性の患者様にも多くご来院いただいています。この患者様は、出っ歯が原因で口元が前に出ていることを気にされていて、上下合計4本の小臼歯を抜歯し、インビザラインで治療をしました。治療後の歯並びに、患者様には大変喜んでいただくことができました。

治療期間:11ヶ月(マウスピース38枚)

アタッチメントあり・抜歯あり

  • 治療期間:11ヶ月(マウスピース38枚) Before
  • 治療期間:11ヶ月(マウスピース38枚)After

7:IPR

インビザライン矯正では、ごくまれに歯と歯の間をごくわずかに削ってスペースを確保する治療方法があります。当クリニックでは、健康な歯はなるべく削らずに、万が一削らなければならないときも最小限に抑えるよう努力しています。こちらの患者様は、虫歯の補綴物(金属の詰め物)を削って矯正治療を進めました。

治療期間:10+7ヶ月(計1年5ヶ月)

IPRあり・マウスピース37+16枚(計53枚)・抜歯なし・アタッチメントあり

  • 治療期間:10+7ヶ月(計1年5ヶ月) Before
  • 治療期間:10+7ヶ月(計1年5ヶ月)After

8:インビザライン・ライト

インビザラインの矯正治療には、期間や費用を抑えたライトプラン「インビザライン・ライト」があります。歯並びのガタガタ具合が少ない方や、2度目の矯正の方に適応することができます。

治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚)
  • 治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚) Before
  • 治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚)After

9:受け口(反対咬合)

インビザライン矯正は、出っ歯だけでなく受け口の治療にも対応しています。こちらの患者様は、下の前歯1本を抜歯してから矯正治療を始めました。受け口がきれいに整い、口元の印象がよくなって、大変ご満足いただきました。

治療期間:治療期間10+5ヶ月(計1年3ヶ月)(マウスピース29+13枚(計42枚))
  • 治療期間:治療期間10+5ヶ月(計1年3ヶ月)(マウスピース29+13枚(計42枚)) Before
  • 治療期間:治療期間10+5ヶ月(計1年3ヶ月)(マウスピース29+13枚(計42枚))After

10:インビザライン・ライト

このくらいの歯並びのガタガタでしたら、インビザライン・ライトの適応が可能です。インビザラインフルに比べ、治療期間が短く、費用も大幅に抑えることができます。当クリニックのインビザライン・ライトの治療費は48万円(税別)です。

治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚)
  • 治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚) Before
  • 治療期間:5ヶ月(インビザライン・ライト アライナー14枚)After

11:抜歯あり

インビザライン矯正の経験が浅いドクターには、抜歯矯正のハードルが高いため、他院で「インビザラインでは抜歯矯正ができない」と言われ、当院にご来院される患者様が増えています。
20代後半のこの患者様は、前歯のガタガタと、口元の突出感の改善を希望されていましたので、上顎のみ2本抜歯をしてインビザライン矯正を開始しました。インビザラインの装着時間をしっかり守っていただくことができたので、当初の治療計画11カ月の治療期間で矯正治療を修了し保定装置リテーナーに切り替えました。治療延長(リファイメント)はありませんでした。

治療期間:約11ヶ月

上顎のみ2本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し

  • 上顎のみ2本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し Before
  • 上顎のみ2本抜歯 治療期間11カ月 追加アライナー無し After

12:30歳女性 アタッチメント無し

インビザライン矯正では、マウスピースから効果的に歯に力を加えるために「アタッチメント」と呼ばれる目立たない樹脂を歯に付けることがありますが、当院では、効率的なアタッチメントの配置を検討し、少ないアタッチメント数で治療ができるよう心がけています。
この患者様は、職業柄なるべくアタッチメントを付けないで欲しいというご希望がありましたので、アタッチメントをつけずに治療を進めました。インビザラインの使用時間を守っていただいたので、短期間で治療を終える事ができました。

治療期間:約7ヶ月

IPRあり・治療期間7ヶ月・治療延長(リファイメント)なし

  • IPRあり・治療期間7ヶ月・治療延長(リファイメント)なし Before
  • IPRあり・治療期間7ヶ月・治療延長(リファイメント)なし After

13:受け口で八重歯の症例(Class III high canine case)

下の歯列が前に出ている「受け口」、反対咬合(はんたいこうごう)といわれる噛み合わせで、上の犬歯が八重歯の症例です。「受け口」を改善させると口元が自然な美しさになり顔貌が整うことがほとんどです。インビザライン・フルで治療しました。

治療期間:約1年7ヶ月
  • 治療期間:約1年7ヶ月 Before
  • 治療期間:約1年7ヶ月 After

14:歯並びがガタガタの症例(非抜歯)(Crowding non-extraction case)

前歯の並びがガタガタで、噛み合っていない歯並びです。ガタガタの程度が少ないのでこの部分の歯列を整えるのは比較的容易ですが、前歯を噛み合わせるためにはマウスピース型の矯正装置では難しい歯の動きをしなければなりません。そのため治療計画の工夫が必要な症例です。

治療期間:約1年7ヶ月
  • 治療期間:約1年7ヶ月 Before
  • 治療期間:約1年7ヶ月 After

15:八重歯の症例(非抜歯)(High canine case)

「八重歯」は叢生(そうせい:ガタガタの歯並び)の一種です。こちらは右上の犬歯が1本だけ八重歯になっていました。抜歯をせずに奥歯を後方へ動かし、スペースを確保して歯列を整えました。インビザラインでは抜歯をせずに歯が並ぶスペースを作ることができます。

治療期間:約1年6ヶ月
  • 治療期間:約1年6ヶ月 Before
  • 治療期間:約1年6ヶ月 After

16:開咬で歯列にすき間がある症例(非抜歯)(Open bite+Spaced arch case)

「すきっ歯」は目立ってしまう歯並びです。また前歯が噛み合わない「開咬(かいこう)」は食べ物が噛み切れないことがあるので、インビザラインで口元の美しさと機能の回復を図りました。

治療期間:約1年2ヶ月
  • 治療期間:約1年2ヶ月 Before
  • 治療期間:約1年2ヶ月 After

17:重度の叢生(非抜歯)(Severe crowding)

前歯のガタガタをずっと気にされながらもワイヤー矯正に抵抗があり、そのままになさっていた患者様です。「インビザラインなら……」と治療を決断されました。このくらいのデコボコであれば抜歯をせずに治療可能です。

治療期間:約1年
  • 治療期間:約1年 Before
  • 治療期間:約1年 After

18:重度の叢生(抜歯)(Severe crowding extraction case)

上の前歯のデコボコが大きく、口元も出ていた症例です。そのため上顎の前から4番目の歯(第一小臼歯)を左右2本抜歯してからインビザラインで治療しました。

治療期間:約1年7ヶ月
  • 治療期間:約1年7ヶ月 Before
  • 治療期間:約1年7ヶ月 After

19:歯列にすき間がある症例(Spaced arch case)

「すきっ歯」ともいわれている噛み合わせで「正中離開(せいちゅうりかい)」といいます。インビザラインはこのような歯と歯の間にすき間があるような歯並びをきれいに整えることができます。

治療期間:約8ヶ月

治療期間:約8ヶ月

「治療はどんなふうに進んでいくの?」 インビザラインの治療の流れはこちらをご覧ください