インビザラインのスピード矯正

矯正治療期間を短くする当院の取り組み

矯正治療期間を短くする当院の取り組み

どんな治療でも通院期間は短いに越したことはありません。インビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科治療を行う、東京「銀座クリアデンタル」でも、「できるだけ早く治療を終わらせたい」「結婚式までに歯並びを綺麗にしたい」「早い矯正治療をしてほしい」などのご要望を承ることが多くありました。

「なんとか治療期間を短縮したい」――その想いから生まれた当院「スピード矯正」の取り組みをご紹介いたします。

インビザラインと併用する部分ワイヤー装置

インビザラインと併用する部分ワイヤー装置

当院では、治療の効率化やスピードアップのために、患者様にご相談の上、インビザラインと併用して、一時的・部分的にワイヤー装置を付けて、インビザラインとワイヤー矯正を組み合わせた矯正治療をご提案することがあります。

ワイヤーを通すブラケットも、マウスピース矯正専用に開発されたもので、大きさや厚みが少なく、しかも歯の裏側に付けるので目立ちません。「インビザライン」「ワイヤー矯正」両方の利点を活かし、矯正治療期間を短縮するスピード矯正につながります。

矯正補助装置「オルソブライト(旧スピードオルソ)」

矯正補助装置「オルソブライト(旧スピードオルソ)」

当医院独自の矯正補助装置スピードオルソが、さらに進化し「オルソブライト」になりました。マウスピースのフィッティングを高める振動がより繊細になり、ホワイトニングジェルを使用することで、歯の色を少しずつ明るくしていくホームホワイトニングを同時に行うことができるようになりました。

医科の分野では微弱な超音波を1日1回20分間程度、骨折した部分に当てて、骨折の治癒を促進する方法があります。これは「超音波骨折治療法」と呼ばれ、複数の臨床試験(実際の治療)において効果が認められています。
この技術を歯列矯正の分野でも応用し、米国で矯正補助装置が開発され、米国矯正歯科学会でワイヤー矯正による治療結果が報告されました。

矯正補助装置「オルソブライト(旧スピードオルソ)」

「この技術をインビザラインにも応用できないだろうか」――そこからインビザラインの矯正マウスピースに使えるように開発を始め、価格を大幅に抑えた新しい装置スピードオルソが誕生しました。患者さまのご意見を反映して、使いやすいようにさらに改良を重ね、ホームホワイトニングを同時に行うことができる「オルソブライト:ortho bright」が完成しました。

使用方法

インビザラインのマウスピースを装着して、1日1回20分間程度、オルソブライトをご使用いただきます。ホワイトニング用のジェルをマウスピースの内側に塗布して、使用することもできます。

使用効果

使用効果

オルソブライトを使用するとインビザライン・マウスピースが歯にフィットしやすくなります。通常、10日~2週間で次のマウスピースへ進めるマウスピースの交換時期を早め、治療期間を短縮することができる可能性があります。

インビザラインのマウスピース内側にホワイトニング用のジェルを塗布して、オルソブライトを使用すると、ホームホワイトニグの効果を高めることができます。

オルソブライト(旧 スピードオルソ)について詳しくは、インビザラインによる矯正治療に力を入れている銀座クリアデンタルの医師・スタッフにお問い合わせください。お問い合わせWEB診断、またはお電話(フリーダイヤル:0120-71-1248)でどうぞ。

光学スキャナー iTeroでスピード矯正が可能に

光学スキャナー iTeroでスピード矯正が可能に

銀座クリアデンタルでは、最新の口腔内光学スキャナーiTeroを導入しています。シリコン印象の場合は患者さまの歯型を米アライン社に航空便で送りますが、当院では光学iTeroで採取した患者さまの歯型の電子データを、インターネットを介して送るので、クリンチェック治療計画が1~2週間早く作成でき、その分、インビザライン矯正を早く開始することができます。ムダな時間や工程を省くことで、スピーディーな矯正治療を実現します。

インビザライン(マウスピース矯正)治療の流れはこちらをご覧ください