最新の切削器具「ディスキング・プレート」

最新の切削器具「ディスキング・プレート」

マウスピース型矯正歯科装置「インビザライン」では、歯の凸凹を治す際に歯間をわずかに削る場合があります。

歯を削る際は虫歯の治療に使う切削器具と同じタービンを使う訳ですが、患者さまによっては「キーン」という音に恐怖感を覚える方もいるので、その場合は少し時間がかかりますが、手用切削器具を使います。

今回、矯正技工メーカーのASOさんから、最新の切削器具「ディスキング・プレート」をモニターとして使用させて頂けることになりました。

従来の製品より、切削プレートの厚みが豊富で、ハンドル部分もしっかりとした重量感があり、手ぶれも少ないので患者さまへの負担も少なく、正確な量の削合が可能になったと思われます。

iqw

コラム一覧に戻る