矯正治療中に生じるマウスピースのずれ

矯正治療中に生じるマウスピースのずれ

インビザライン矯正では、最初の精密検査に基づく治療計画で、最初から最後までのマウスピースを制作します。

そのため、マウスピース矯正治療を進める中で、歯とマウスピースの間に隙間ができる事があります。

これでは審美的に良くないので、マウスピースの先端を削って治療を継続しています。

このように、ずれが生じる原因はほとんど場合、装着時間が短いためです。

 

マウスピースの装着時間は、少しでも長い方が良いので、食事が終わったら、なるべく早く歯磨きをして、マウスピースをはめて下さい。

また、間食や甘い飲み物控えることで、虫歯のリスクも減らすことができます。

コラム一覧に戻る