マウスピース矯正・インビザラインのリテイナー

マウスピース矯正・インビザラインのリテイナー

マウスピース矯正治療が終わった後の保定装置は原則的に、マウスピース型の保定装置(リテイナー)を使用します。

マウスピース型保定装置(リテイナー)の中でも、ハードタイプやソフトタイプ等色々な種類があって、患者さんの歯並びの仕上がり状態に合わせて選択しています。

そのような中で、まれにインビザライン矯正の最終のラストアライナーを保定装置として、長期間使用する場合もあります。

写真のように少し着色してきますが、夜間だけの使用に切り替えれば気にならない患者さんもいらっしゃいます。

ラストアライナーをリテイナー代わりに使うメリットとしては、装着感が良い事と新たに費用が発生しない点があげられます。

コラム一覧に戻る